岡田紅陽 富士山写真展のお知らせ

富士市文化会館1階にて、「岡田紅陽 富士山写真展」を開催しております。

展示作品は「朝靄」「山波」「羽衣海岸」「東海の松並木」「春の本栖湖」の5作品です。

岡田紅陽(本名、岡田賢治郎)は1895年8月31日新潟県中魚沼郡 中条村 (現在の 十日町市 )に生まれました。曽祖父の喜兵衛(号・香雪)、祖父栄蔵(号・雲洞)、父龍松(号・耕雲)は代々学芸を好み、書画ともに優れた才能を残した人物でした。

富士に魅せられ生涯を富士山にささげた紅陽は晩年こう語っています。「一枚として同じ富士は写していません。ましてや心の富士山はいまだ撮りえてはおりません。」と。「富士こそわがいのち」とまで言い、常に心の富士山を追い続けた岡田紅陽の心はいまでもしっかりと写真の中に息づいています。

ぜひ富士山の麓の文化会館で、富士山の様々な顔をご覧ください。

 

開催期間:10月25日(水)~1月31日(水)