平成30年度 おでかけクラシック~フルートとハープの調べ~

2019年2月28日(木)に開催された「おでかけクラシック~フルートとハープの調べ~」の様子をご紹介します。

今回の演奏会場は「みぎわの里」と「ケアハウス コフレ・アントレード富士」。

どちらも高齢者のお客様を対象に開催されました。

両会場ともこのおでかけクラシック開催地公募に申し込みをして開催が実現したということもあり、当日はとても温かい雰囲気での演奏となりました。

演奏は富士市出身のフルート奏者川島祐子さんと静岡市出身のハープ奏者斎藤充子さん。

お二人には平成26年からこのおでかけクラシックに出演いただいています。

今年はクラシックの他にも「世界旅行」をテーマとし、「ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)」「おおシャンゼリゼ(フランス民謡)」などの各国の民謡でお客様を楽しませてくれました。

後半は「上を向いて歩こう」「三百六十五歩のマーチ」など皆一緒に歌える曲で会場が一体となりました。

途中フルートやハープの演奏方法や楽器の特徴なども紹介され、皆さん大満足の様子でした。

 

このおでかけクラシックはロゼシアターが音楽アウトリーチ事業のひとつとして、近年力を入れて取り組んでいます。

来年度もまた新たな、そしてより多くのお客様へと音楽を届けるため開催地を公募いたします。

既にこのホームページ上にも情報が公開されていますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

音楽アウトリーチ事業 開催会場募集